出会いを増やすための街コンやインターネットなどの手段

相手探しに重要なこと

恋人になる

最近では出会い作りの定番イベントとして、街コンは定着しつつあります。 参加者も100人程度のものから、1000人規模の街コンも行われ、地域活性化にも一役かっています。 同じ趣味の人たちと交流したり、格安で食べ歩き出来たり、メリットも多いのですが、デメリットも知っておかなければ、出会いは次に繋がりません。 リストバンドなどの目印を付けるのが街コンですので、それを目当てに参加者ではないのにナンパ目的で声をかけられる場合もあります。 色々なお店を格安で利用出来るので、食事目当てで出会いは二の次という参加者もいます。 自分の態度や服装も要注意。出会いを求めて参加していたとしても、相手は初対面の異性です。ため口などのなれなれしい態度は慎み、服装も派手すぎないものを選ぶのが無難です。

何百人が一度に参加し、色々な人と会話をしたり、連絡先を交換したりと、街コンは限られた開催時間の中、忙しく動き回る事になります。 時間を有効活用しなければ、結局歩き回っていただけなんて失敗にも繋がります。 あらかじめ開催地の店舗情報を把握しておくと、定員オーバーで店に入れなかった場合、すぐに次の店を決めて向かう事が出来ますし、街コンに参加していない店に入ってしまう事もありません。 少人数で動くのも時間の節約に。大人数で動くとそれこそ店に入れない事が多いようです。 アルコール類を飲み過ぎないと言うのも、時間を有効に使う方法です。お酒を飲んでついテンションが上がり、騒ぐだけ騒いで終わってみれば、連絡先は一つも訊いていないなんて事も。 限られた時間を上手く使って、実りある街コンにしたいものです。